富士山の見える街に黒柴ふじと暮らす のほほんファミリー


by hiro-fujimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

春の藁科川へ

20日の夕方、仕事を早く切り上げて、いつもの 「樅の木」 へ、ちょこっと泊まりながら行って来ました。
お天気がよくて暖かかったから、結構散歩もできて、ふじも、私たちも満足でした。

「樅の木」は、安倍川の支流、藁科川の上流にあります。
わんこもOKのレストランや、温泉や広場もあるの。
夏になると、鮎釣りの太公望たちや、バーベキュー、川遊びの人たちでにぎあうのですが、まだまだ季節には早い今頃は、ひっそり静かです。
d0101070_11222381.jpg

     川原には、まだ誰もいません。 私たちだけ

でも、もうだいぶ川の水も温かくなってきました。
それでも、ふじは水に入るのを躊躇してます。
d0101070_11261885.jpg

      パパ~、待ってよ。 ここ、水が流れてるのよ・・。 モー!!

d0101070_11293697.jpg

     お兄ちゃん、川の水、すごくキレイね♪ お水、飲んじゃおうかな?

d0101070_1132126.jpg

     川の淵は、エメラルドグリーンをしています。
     川底まで、透けて見えます。泳いでいる魚も、見えるの。

一昨年、ふじ兄はここで、なんとソーセージで、鮎を釣ってしまいました。
家までは生きていたのですが、次の日は死んでしまいました。
鮎は、川底の藻を食べて生きていますが、よっぽどゲテモノ食いの鮎だったかもしれませんね。(笑)
ただ、気を付けているのは、テグスの付いた釣り針etc.=
幸い、このあたりは釣り人のマナーがいいらしく、今まではなかったのですが、興津川とか、他の川に行くと、川原にはたくさんの釣り針が落ちいるそうです。
マナーの悪い人は、絡んだりした糸を切ったり、釣り針を捨てたまま、帰ったりしています。
小さい子やペットたち、野鳥などの野生動物のことなんか、全然考えたりしない、自己チューな人たちでしょうけど・・・。

ここに来て、何もせずにボーっとした時間を過ごすと、いつのまにかたまっていたストレスが、スーッと晴れていく気がします。
ちょっとした、秘密の隠れ家というかんじでしょうか?・・・
     
[PR]
by hiro-fujimama | 2007-03-23 11:51 | 旅行