富士山の見える街に黒柴ふじと暮らす のほほんファミリー


by hiro-fujimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんなの見たことある?

日本列島、今週に入って冷えこんでいますね。
北海道はほとんど真冬日、最高気温が氷点下だと、冷蔵庫の中より寒いです。
うちのパパの実家も、旭川と日本海沿いの留萌の、ちょうど空間くらいの所にあるんですが、多分最低気温が、マイナス20℃以下になってるんじゃないかなあ・・・

こんなときは鍋がおいしいですね。
そこで、今の季節、北海道で売られているおいしい魚を・・・・

まずは正面から・・・

d0101070_1522567.jpg

             わ~~、グロテスク!!!

まるで、オオサンショウウオみたいですね。
でも、違いますよ~~。

真上から見ると・・・

d0101070_15234287.jpg

             アンコウじゃないわよ~~

この答えは、

 鰍(カジカ) 
 
といいます。
カサゴ目カジカ科の魚で、トゲカジカ(マカジカ)です。

実は年末に、パパの実家から送ってもらい(2匹も)、丸ごとなので、さばく前に写真を撮ってみました。
よく見ると、アンコウに似てるよね。
でも、アンコウは、アンコウ目アンコウ科なので、ちょっと種類が違うのです。
正面がヌメヌメとしてるのは似ていますが・・・
だから、たわしでゴシゴシ=この後さばいて、カジカ鍋にしますよ~~。
北海道では、別名ナベコワシといわれるくらいおいしくて、もう ないのか~と鍋をこわしてしまう位だということから付いてるお料理らしいですけどね。
結構骨が硬いので、さばくのはパパです。
我が家は、コンニャク、ニンジン、ダイコン、ゴボウ等と一緒にみそ仕立てにします。
もちろん、キモも入れますよ。
但し、アンコウほど大きくないです。

もう、1種類

d0101070_15374712.jpg

             ?????

これは北海道では、 「カスベ」  と、言います。
皮をむいてあるけど、実は エイのひれ
ガンギエイ科のガンギエイで、真カスベ と 水カスベ とあります。
これは真カスベなんだけど、水カスべの方がもうちょっと白くて柔らかいとか・・・
このカスベは、煮付けで食べます。
うちの母なんて、先のほうは軟骨なので、「コラーゲンたっぷりだわ~~」 と、残さず食べます。
しわ伸ばしに効くのかな? 
もう、おトシなのに、やっぱりそこはオンナなのかしら・・・058.gif

北海道や東北のからは、見たことあるでしょうけど、この静岡じゃなかなかお目にかかれないのよね。
静岡駅ビルのパルシェのお魚屋さんに、暮れにカスベはおいてありましたが、さすがに、カジカは置いてなかったわ。

地方によって、食べ物って違いますよね。
それでも、だんだん夫婦似たものが好きになってくるのは、同じような暮らしをして、同じようなものを食べているからでしょうね。

こんな寒い日が続くと、うちの弱虫ふじたんは、ファンヒーターの前や毛布の上でうつら、うつら。

d0101070_15552893.jpg


昔のワンたちは、外暮らしだったんだよ、ふじたん♪


 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 =それから、茨城県近郊にお住まいの方へのお願い=

迷子の男の子の黒柴ちゃんを、保護してくださってる方がいらっしゃいます。
お知り合いで逃げた黒柴ちゃんを探しておられる方がいたら、警察署と動物愛護センターには届けを出されているので、飼い主さんに知らせていただけませんか?
よろしくお願いします。
[PR]
by hiro-fujimama | 2008-01-19 16:05 | 季節