富士山の見える街に黒柴ふじと暮らす のほほんファミリー


by hiro-fujimama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

くろ君ファミリーと  井川編

11月の2,3日、毎日がくろPart5くろくんファミリーと、井川オートキャンプ場で待ち合わせして、畑薙ダムまで行ってきました。

待ち合わせた時は雲が多くて、遠く南ァルプスが見えるか心配でしたが、奥へ行くにしたがって、青空が広がり、着いた時にはいい天気!

d0101070_15241143.jpg
d0101070_15242388.jpg

d0101070_16375854.jpg


ダムを越えて、数百m席へ行くと、ゲートが現れます。
車はここでストップ。

d0101070_16435286.jpg


d0101070_15271777.jpg


昼は横の登山指導センターに、管理人さんがいるので、ゲートは空いていますが、夜はバーが降り、鍵がかけられます。
が、非常識な人たちは、夜、鍵を壊して、どんどん奥まで行ってしまうそうです。
ロッジや小屋泊まりの人以外は、送迎バスが使えないので、登山口まで歩いていかなくてはいけないからです。
どこへ行っても思うのですが、モラルを守れない自己チューな人たちっているんだな~と、思いました。

リュックをしょって歩いてくる人がいるので、私たちも少し奥まで行ってみましたよ。
でも、上の写真にあるとおり、熊が出ることもあるそうです。
クマよけの鈴を誰も持っていかなかったから、500mくらい奥まで行って、引き返してきましたが・・・

というより、あまり景色が変わらないってこともあったかな?

d0101070_1635581.jpg


さすがくろママちゃん、登山者カードがあって、すぐにチェック!
うちも1枚もらってきました。

装備や、テントの種類、それに通信具やら食料何日分、どこへ小屋泊まりかテント泊するのか、細かく記入して提出するんですね。
これがあるから、下山予定を過ぎても戻らない時は、捜索に入ってくれるんでしょうが・・・
やっぱり、登山はしっかりした心構えが必要だと思いました。

ダムの手前からは、こんな風に見えます。

d0101070_16125151.jpg
d0101070_161344.jpg


奥の山をアップ

d0101070_16132756.jpg


が、山の知識がない私は、残念なことに、何岳かわからないのです。
また、もう少し勉強しておきますね。

帰りは、ちょこっと、赤石温泉で、ワサビを買って、富士見峠までGO!

肌寒かったけど、南アルプスが一望でした。

d0101070_16242738.jpg

d0101070_16214184.jpg


上の2枚目の写真は、山の説明です。

暗くて見えないかな?
上河内岳から右へ聖岳、赤石岳、荒川岳(悪沢岳)、青薙山です。

d0101070_16314583.jpg


とは、ふじたん

d0101070_1632070.jpg


そしてこれは、くろくん

そうね冷えてきたから、早く帰りましょ!

本日は2軒で、「樅の木」へお泊まりで~~す。

To Be Continue!
[PR]
by hiro-fujimama | 2008-11-05 16:46 | 旅行